見える世界と見えない世界

普通が普通じゃないのかも

先日もセミナーでした。

その時々に必要なことをお話していますが

こちらも参加者の方々から楽しいお話を聞くことがあります。

 

「あります」というか「いつも」ですが。

 

そして見えるという人がこんなにも多いのか?ということを認識させられます。

普段は普通のOLさんだったり看護師さんだったりお母さんだったり・・・

いわゆる普通の人ということなんですが

びっくりさせられることが多々あります。

 

愛でしょ愛

先日は私のサロンでセミナー中、私の上を見ている参加者さま。

その方は会社では管理職、優秀なOLさま。

 

『マゼンダでハートのような形がずっとcallさんの上に浮かんでいます。

愛?でしょうか。loveという感じです。

この空間にたくさんの愛がありますね^^』

 

へえ この方見えるんだ・・・

 

そして『さっきからずっとピカっピカッと光っています』と教えてくれました。

それはきっと天使の光☆

私もよく見ます。

 

その人にいつも見えているのか聞くと

『波動が高い人達といるときに自分の波動が上がるので

見えるようになります』と。

憑依と病気、憑依と言語

その日は

参加者の方の体に入っていた者がいて(生霊みたいなもの)

その者が病気を引き起こしていて その者を体から出したところ病状が治った話。

(その姿がみえたそうでコワ)

車に霊が乗ってきた話・・・そして降りていったわけで

(同乗者ともにわかったそうです)

 

また友人がフランスの古城でフランス人に憑かれて

普段は話せないフランス語をぺらぺらしゃべった話などなど

 

目まぐるしく楽しい話、

世の中はどうなっているのだろうか?と思ってしまいます。

 

けど そうなんですよね。

あるんですよね、普通にそんな話。

 

このお仕事をしていると

この世界の物質に所属することがない場合、かなりいろいろな世界が

重なっているんだろうと思います。

 

今回私は

お祓いと鍼灸、これらに携わると寿命を縮めることがあるので

その注意点をお話しました。